2010/09/30

楽しい1日

新宿で打ち合わせをした後、そのまま編集者さんと一緒にジュンク堂新宿店の児童書売り場へ…。
お目当ては、気になっていた企画フェア「絵本戦隊 30(サーティー)レンジャー!」です。

テーマは「今、30代男子絵本作家が熱い!!」

「なんで30代男子絵本作家って少ないんだろう?」という書店員さんの疑問をきっかけに、絵本作家の石井聖岳さん/高畠那生さん/ひがしちからさん/山西ゲンイチさん/山本孝さんの5名が集結!名付けて『絵本戦隊30レンジャー』!
ちなみにご本人たちの許可なく勝手に名付けちゃったそうです(笑)

そんなみなさんの原画が飾られている売り場には、絵本がバトル形式で楽しく紹介&販売されていて笑いました!

30レンジャーが絵本を熱く語る座談会の様子が紹介された、新聞「らいおん」も会場で配布されています。
かなりじっくり読ませていただいたのですが「なんで30代男子絵本作家って少ないんだろう?」の謎についてや、そこから広がる絵本トークが満載で最高でした。


このおすすめのフェア…本当は9月末で終了だったのが、大好評につき大幅延長決定!
10月末までやってるそうですので、気になった方はぜひぜひお店に行ってみて下さい。


その後は先日も紹介した、パレット絵本コース同期から誕生したM夫妻に会いに吉祥寺へ。

待ち合わせまで時間があったので、「すごいの見つけたから吉祥寺に来たらぜひ寄ってみて!」ってM夫妻が教えてくれた本屋さん、BOOKSルーエに行きました。

ジャーン!すごいのありました~!似てる!表情までソックリ!
このPOPを描いて下さった書店員さんにご挨拶したら「まないたもいるんですよ~」って奥からまないたのも出して見せて下さいました。

M夫妻情報によると…つい最近までは、こーんな感じで並べて下さっていたそうです。嬉しいな~。ありがとうございました!


そうこうしてるうちに、奥さんのMちゃんから仕事あがったよ〜って連絡が来たので合流して…とてもくだらない個人的な買い物に付き合ってもらいました。

買ったもの(週末に使用予定)


そして旦那さんのHくんと、それから同じ7期のHちゃんとRちゃんも集合して「結婚おめでとう~!」と乾杯!
M夫妻、さすが ものづくりの原点であるパレット婚(!?) だけに結婚指輪も世界でただ1つの手作りだそうで、とにかくとっても幸せそうでした♪お2人とも改めてオメデトウ!

見づらいけどお祝いのミニなべ/カオつき。

ものづくりといえば…Hちゃんから何やらステキな小箱をもらいました!
アワワワ!これはひょっとして!
去年の冬にドトールで販売され、瞬く間に完売しちゃったチェブラーシカのマグカップだ~!!

1度完売した後あまりの人気っぷりに追加生産が決定し、その時にMちゃんから「予約すれば買えるよ!」って教えてもらい予約しようと思っていたのに……まんまと忘れたのでした。

慌ててお店に走るも、案の定売り切れで結局買えずじまいだったんだ〜と話したら「そんなこともあろうかと、2つ予約しときましたよ」とHちゃんがニヤリ。

エーン。アリガトウ!って感動してたら
「早くあけて~って中で苦しんでいるだろうから開けてあげて♪」とHちゃんがさらにニヤリ。

中で苦しんでいる??? マグカップが?
言ってることがよく分からないけど、とりあえず開けます。

ギャース!なにかがギュウギュウに押し込まれてる!


た、大変!マルモだ〜!!!!!!


マルモとは…Hちゃんがグループ展の時に制作した絵本に登場するキャラクター。
3年くらい前に初めて見せてもらった瞬間から心をわしづかみにされた生き物です。
どれほど好きかといえば、ずいぶん長いこと携帯の待ち受けにしてたくらい。


なんと作者自ら羊毛をチクチクして作ってくれたそうです!スゴイ~!
絵本からそのまま飛び出て来たかのようにふわふわでたまらないです。
こんな形でまたマルモに会える日ががやってくるとは!ありがとう!

マルモが入ってた白いチェブラーシカのマグカップは上目づかいにやられました。

糸井重里さん&荒井良二さんの本もありがとう!
どうやら糸井さんのステキな言葉がぎっしり詰まっているようです。読むのが楽しみ!
付録の荒井良二さんバッグには何入れよう♪

そんなこんなで、結婚お祝いやら近況報告やらプレゼント大会やらサイン会やら…と終始大盛り上がりでパレットの頃みたいに懐かしいひととき…。
卒業して6年。最近はなかなかこうして集まる機会も少なくなってしまい長いこと会えていなかったので、余計に嬉しくて楽しかったです。おつかれさまでした!

2010/09/28

サイン本プレゼント

只今発売中の雑誌「イラストレーション」の誌上読者プレゼントに「りょうりをしてはいけないなべ」のサイン本が登場しています。絵本の紹介文もステキでとても嬉しかったです!

そんな今回のイラストレーション…、コミックエッセイの作家さん特集が面白かったです!
「ツレがウツになりまして」の細川貂々さんや「スーちゃん」の益田ミリさん、「150cmライフ」のたかぎなおこさんなどなど、話題の方たちの制作秘話がたっぷり。
みなさん作品のネタ探しのために、常に心のアンテナを高く張り巡らせているそうでナルホドーと思いました。

絵本のネタも、どんなとこからひょいとやって来るか分からないからアンテナ大事ですな。

2010/09/27

情熱大陸!

ブックデザイナー・名久井直子さんの「情熱大陸」を見ました。
絵本の装丁もたくさん手がけていらっしゃるので放送を楽しみにしていたのです。

密着取材の中でちょうど絵本の色校正をしている様子も紹介されていて、原画と校正紙を見比べながら印刷会社の方たちと直接やり取りする姿がとてもかっこ良くて勉強にもなりました。

みんなが食べた事のない食材の持ち味を1番に引き出す調理方法を考えるように、ある素材(文や挿画など)を1番活かした本の形にする感じです…というような話をしていらっしゃったのがステキでした。

見終わって、思わず部屋の本棚から名久井さんが手がけた絵本を探し出してじっくり眺めてしまいました。
本当に文字や紙の質やカバーをとった表紙や綴じてある糸の色など…本全体から「素材を活かすためのポイント」があふれてます!

2010/09/26

「山本容子の劇場/鏡の国」

山本容子さんのファンである母に誘われて、展覧会を観てきました。
銀座三越のリニューアルオープンを記念して開催されたもので、テーマは「鏡の国のアリス」です。

実は…「鏡の国のアリス」のストーリーも、その中に登場するチェスのルールも全く知らないまま観たのですが、作品に添えられたご本人による解説文が抜群に面白いため すんなり世界に入って行けました。

会場を“劇場”と見立てただけあって、お客さんが実際に鏡の国に入り込めるような楽しい工夫もいっぱい。
過去の「不思議の国のアリス」の方の作品も飾られていて嬉しかったです。

山本容子さんの描くアリスは、世間一般に知られる金髪ふわふわ頭のアリスではなくて黒髪おかっぱ頭なのもかわいくて好きです。ハンプティ・ダンプティがゆで卵みたいなのも好き。


おみやげに買ったポストカード


入場時にチケットと引き換えにもらった白のキングのストラップ(かわいい!)


2010/09/21

1ヶ月と少し経ちました!

「りょうりをしてはいけないなべ」が発売されてもう1ヶ月以上経っちゃいました。
なんだかアッと言う間で早かったです。絵本を買って下さったり、感想のお手紙やメールを下さったみなさま…本当にどうもありがとうございました!日々の励みになっています。

そして、この1ヶ月間に講談社から出版された書籍の中から選ぶ“今月のグッド・ブックデザイン”というものに「なべ」が入ったそうです!嬉しいなぁ。

表紙は、散々迷って何パターンも考えましたが…
やっぱり「りょうりがジャバー!」の絵にして良かったなぁ…って思いました。

そして、この絵から…

こんなに楽しい絵本の顔にして下さった羽島一希さんに感謝です。

2010/09/18

「紙モノ」バンザイ!

100%ORANGEの竹内繭子さん&アーティストの鈴木いづみさん&Louleの甲斐みのりさんによる「1日だけのフリーマーケット」に友人と行ってきました。

フリマの会場はこないだ網中いづるさんの展覧会を観に行った六本木のGALLERY TOKYO BAMBOOです。

なぜか軽トラの上に乗っていた…ゆる〜い手書きの「本日フリマ」の看板。

ギャラリーの中は、大勢のお客さん&かわいい雑貨や絵本や雑誌、洋服や小さな家具などであふれていました。100%ORANGEさんの過去のグッズもスペシャル価格で売られていて、特にポストカードは行きたかったけど観に行けなかった数年前の個展のものがあったりと…嬉しいお買い物。

ステキなものばかりで、ついつい色々買ってしまいました。大好きな紙モノが多め。

そしてギャラリーの外には、何やら楽しげな箱が!

箱の中には、出店者のみなさんが関わったハガキやフライヤーやミニカードなどの紙モノがたくさん!なんとお客さんが自由に無料で持ち帰れるのです!
私たちも宝探しをするように、箱の中からこ〜んな気に入った紙モノたちを探し出してお持ち帰りしました。

その後は紙モノつながりで、青山のオン・サンデーズにて紙にまつわる展覧会を観てきました。タイトルからして魅力的です。

「かみの工作所のひとたちの かみにかける おもい展」

その名の通り、紙に関わる職人とデザイナーの熱い想いが伝わってくる楽しい展示でした。
紙のメガネに、紙の器、紙のホウキ&チリトリや、小さな模型、工夫がつまったノートや箱など…紙っていう素材だけでこんな事も出来ちゃうんだ!っていうビックリな作品の数々が飾られていて実際に手に取って観る事も、それから買う事もできます。

その中からイラストレーターのオオノマユミさんの紙モノ買っちゃいました♪
ぜんぶ絵柄が違うケーキカードのセットです!三角形のケーキ型BOXもかわいい!

それにしても「紙モノ」ってなんでこんなに楽しくてワクワクしてしまうのでしょうか。
デジタルでは決して味わえないワクワク感です。そのかわり油断するとすぐに量が増えて大変ですが…。

2010/09/16

高畠純さん 絵本原画展

昨日に続いて今日も講談社へ…。

高畠純さんの絵本原画展&ギャラリートークに行きました。
「ふたりのナマケモノ」と「おっとっと」「にょきにょきのき」の3作品の原画を1度に全部観る事ができちゃう贅沢な原画展です。
この3冊、どれも今年に入ってから出版された絵本だというのに、作風がそれぞれ違うのです!
会場には貴重なラフスケッチや、「色試し」という鮮やかな高畠純さんカラーのもととなるカラフルな手作り色見本なども展示されていました。
まるで料理の味見をするように何度も何度も絵の具の配合を調整しては並べてみて、納得のいく色を作っているそうです!
「色試し」っていう言葉の響きがいいな~。

ギャラリートークでの制作秘話も、とても勉強になりました。
中でも1番心に残ったのが「モヤモヤを楽しむ」という高畠純さんの言葉。

いいアイデアがなかなか出なかったり、描けなかったり…
そんな時の「モヤモヤ」な時間も全部まとめて、制作の一連の流れとして楽しんでいらっしゃるそうです。

〆切が迫っていたりすると、ついアワアワと焦って楽しむ余裕がなくなりがちな私にとって非常に心強いお話でした。

絵本「にょきにょきのき」の文章を書かれている斉藤洋さんもサプライズで登場!
長年のステキな “さく・え” コンビのお2人による掛け合いがとても面白かったです!そんな楽しいギャラリートークの様子は、後日You Tubeにもアップされる予定だそうです。
この高畠純さんの原画展は10月11日(月)まで講談社の1階にあるギャラリー「Kスクエア」で開催されています。(入場無料)おすすめです。みなさまぜひぜひ。

会場で絵本のソムリエをされているという方にもお会いして色々面白い話を聞かせていただきました。絵本のソムリエっていいなぁ!

2010/09/15

第32回講談社絵本新人賞授賞式

毎年この9月に開催される講談社絵本新人賞の授賞パーティーに出席しました。
嬉しいことに友人の久世早苗さんが今年の新人賞を受賞しました!おめでとう~!

早苗ちゃんとの出会いは今から4年前…
2006年のこの絵本新人賞の佳作に一緒に入選したのがきっかけでした。

授賞式で初めて会ってすぐに「これどうぞ」ってコンペイトウをくれた早苗ちゃん。
「わ〜!なんだか“千と千尋”みたいだ~!」って思ったのが、ついこないだのようです。
(↓これがその時の思い出のコンペイトウです!キレイだったのでパチリ!)
その後も会って作品を見せてもらう度に久世早苗ワールドに心をわしづかみにされていきました。
ストーリーもとても面白いし、丁寧に描かれた人物やキャラクターはどれも魅力的。絵本に対する想いも人一倍熱くて、いつも良い刺激をもらっていました。

そんなステキな絵柄を生かして表紙や挿絵のお仕事などをしながら、絵本作家を目指してずっと制作を続けた早苗ちゃん…ついに念願の新人賞受賞です!しかも今年の春のピンポイントギャラリーの絵本コンペ入選に続く快挙!本当にすばらしい!
授賞式での早苗ちゃんの心温まるスピーチにじーんと来ました。
隣で絵本作家のたかしまなおこさんも思わず感極まってうれし涙。
(たかしまさんは同じく4年前に新人賞を受賞されていて、早苗ちゃんと私と3人で同期なのです)

今回の受賞作品「ぼくとおおはしくん」は、最終審査で文句なしの満場一致で決まったそうです。
会場で原画とテキストを読ませていただいたのですが、1場面1場面じっくり作り込んである世界に改めてその力強さを実感!
佳作に入られたお2人の作品もこれまた面白く、今後が楽しみだな~と思いました。

そしてもう1人…ステキな同期で「あっぱれ!てるてる王子」で昨年デビューしたコマヤスカンさんとも2年ぶりに嬉しい再会!
審査員の先生方や歴代の先輩作家の方々(同じ群馬県出身の野村たかあきさんに初めてお会い出来て感動!)、書店員さん、児童文学新人賞の関係者の方々と楽しく2次会まで参加させていただき「よし、これからも頑張ろう〜」と思いながらの酔っぱらい帰りでした。

2010/09/14

商売道具

スティックのりの消費ペースが早いです。今年に入ってから沢山買ったのに、もうなくなってしまったので補充しました。絵本の制作途中で「ダミー本」というラフを貼り合わせて冊子状態にしたものを何冊も何冊も作るのですが、その時に使います。

以前スティックのりを切らしてしまって、家にあった昔懐かしい
でんぷんのりで代用したら…
紙がひどく波打って大変な事になりました。
おまけに打ち合わせの直前にコレで貼り合わせたものを持参したので、全然のりが乾かず生乾きでジメジメと湿ったままのズッシリ重たくて非常に気持ちの悪いダミー本を編集者さんに手渡すこととなりました。

そんなこんなで、スティックのりを切らすと危険なのです。

2010/09/13

やっとちょっと秋です

昼間はまだ暑いですけどね。最近見て来た展示色々を紹介します。
いい作品を見たり作家さんから話を聞くと刺激になって「私も頑張ろう」と思います。


■越濱久晴さん「Moonlight Circus」/OPAギャラリー
サーカスです!サーカスはやっぱりステキ。
小さい男の子&女の子の双子が真夜中のサーカス団に遭遇する…という絵本みたいな展覧会。
越濱さんは実生活でもそんな双子のパパなのです。
イラストレーションのお仕事で男の子だけを描くと、女の子の方が「いいなぁ〜ずる〜い」って言うんですって。かわいい…。
だから今回の個展はちゃーんと男の子と女の子2人のストーリーになっているのですね♪



■那須慶子さん「Color Time」/HBギャラリー
カラーインクで描かれた色とりどりの食材がキレイでした。あと同じものが沢山並んでいるというのもツボでした。イラストレーターの「ナイスケイコさん」って方のお名前に響きが似ていると思っていたらご本人だったみたいです!


■増田喜昭さん「ひげのおっさん図にのる展」/ピンポイントギャラリー
あの三重県四日市市にある「メリーゴーランド」の増田喜昭さんです。
なんとも味わいのある絵でした。「犬がとてもお好きなのだなぁ〜」と思いました。
特に犬の耳にこだわりを感じました。
会場で長さんの表紙がかわいい上の本を買いました。これまたとっても面白そう。


■あずみ虫さん、三溝美知子さん、南トトコさん 他「私の庭 展」
/ギャラリーダズル
庭をテーマにした展覧会です。6人それぞれの「庭」の解釈が違って楽しめました。

会場で久しぶりに三溝さんに会えました。いつも独特のキレイな色で、風景や人物を描くサミィ。
今回もステキな色で「この庭の先には何があるの?』ってワクワクするような庭を描いていました。新しい試みにチャレンジしたという絵も良かったです。
そんなサミィはこの展示のすぐ後にアメリカでの初個展を控えているそうで、なんてパワフルな〜!いっぱい元気を分けてもらいました。

パワフルといえば…あずみ虫さん&南トトコさんはつい先日の「こけし展」に続いての出展です。テーマがガラリと変わっても、お2人のステキな世界はそのままで非常に楽しめました。


それにしてもだいぶ日が短くなりました。
気付けばアっという間に真っ暗です。

2010/09/07

絵本作家さぶさちえさんのサイト

本日、友人の絵本作家さぶさちえさんのサイトがリニューアルオープンしました!



新しいサイトは、この絵本に登場するキャラクター
まっくろおさる&まっしろおさる がご案内!

以前よりさらにかわいくバージョンアップしたさぶさんの『sabus gallery』
ぜひぜひみなさん遊びに行ってみて下さい♪
かわいい切り絵作品も沢山紹介されています!

2010/09/05

伊藤正道さんの「じどうしゃアーチャー展」と水縞フェア

コンビニではおでんの販売が始まり、街のいたるところではハロウィンのディスプレイも始まったというのにこの暑さ…やっぱりどうなっちゃってるんでしょうか?

そんな真夏のような天気の中…稲村ガ崎にある絵本作家・伊藤正道さんのアトリエ&ギャラリー「giogio factory」に行ってきました。
このかわいい看板が目印です。↑

久しぶりに伊藤さんにお会いして、1Fのギャラリーでお茶をごちそうになりながら新しい絵本も見ていただき、色々感想を聞かせていただきました。(この時ばかりは授業のようにちょっと緊張です。)

伊藤さんの絵本「じどうしゃアーチャー」の原画展もゆっくり楽しみつつ、作品の制作秘話も聞くことが出来てとても勉強になりました。
この絵本に登場するのはどれもみんな実在する昔の車なので、細かい部分を描くのが大変だったそうで…資料写真では分からない車体の裏側を描くために模型を入手したそうです!

このgiogio factory、季節ごとに展示の入れ替えがあるので、また涼しくなった頃に次回の展示を観に行きたいです。ちなみに場所もとってもステキで、歩いてすぐ海に出られます!

その後、横浜のスパイラルマーケットで開催中の「水縞フェア」に行ってきました。「水縞」というかわいい文房具ブランドの特設販売です。

水玉好きのデザイナーと……

縞々好きの文具店店主が一緒にはじめたブランドだから


「 水 縞 」だそうです。
真ん中の妙な生き物はフードコーディネーターwatoちゃんから譲り受けた人形…。
様子がおかしくて気に入ってます。

その名の通り水玉と縞々のグッズの他、かわいい紙モノやスタンプなどが沢山あって文房具好きにはたまらない内容でした。

2010/09/02

打ち上げ!

9月に入ったのに涼しくなるどころか、8月より暑いというのはどういうことでしょうか…。

この日は夕方から打ち合わせをして、夜はそのまま「りょうりをしてはいけないなべ」の打ち上げでした。この約1年…一緒に絵本を作ってきた担当編集者さんと、それからステキな装丁デザインを手がけて下さった羽島一希さんと3人で「お疲れさまでした!」と美味しいお酒で乾杯しました。色々大変だったことも忘れちゃうくらいの美味しさでした。

描いても塗っても描いても塗っても終わらないよ〜って
ずっと引きこもって描いていたこんな日々も忘れちゃいます。

お2人をはじめ、絵本を出すにあたって色々支えて下さったみなさん、
それから絵本を買って下さったみなさんにも感謝の夜でした。
ありがとうございます!