2010/10/14

篠崎三朗さんの個展

打ち合わせで表参道へ…。
編集者さんと一緒にピンポイントギャラリーで開催中の篠崎三朗さんの個展「古い手紙と物語から」を見ました。まず、このタイトルがいいなぁ~。

コラージュ作品はタイトルにあるように古い手紙を切り貼りしたり、外国の古切手がペタペタと貼付けてあったりして、なんだか懐かしい気持ちに…。
それからグリム童話の絵は細かいステキポイントがたくさんで画面の隅々まで楽しめました。

それとビックリしたのが会場に山積みになったスケッチブックの山!
なんとお客さんが自由に手に取って見る事ができます。

編集者さんと「こんなお宝、こんなに無造作に置いてあって良いのでしょうか?」とドキドキしながら1冊1冊楽しく見ました。
旅先でのスケッチや、動物園でのスケッチなどが詰まっています。
マザーグースの場面を沢山描いた1冊なんて、篠崎さんご本人は「ちょっと遊びで作ってみました」とおっしゃっていましたが、そのまま印刷して出版できそうな素晴らしさ!

他にも今まで出版された絵本が何十冊も展示されていて、篠崎さんが丁寧に解説して下さいました。
作品によって画材や画法を変えて毎回とっても楽しく描かれているのが、どの絵本からも伝わってきました。
夏にお会いした時におっしゃっていた「とにかく自分を飽きさせない作品づくり」とは、まさにこの事なんだな~とカンゲキしました。