2010/12/21

「女性自身」に掲載されました

本日21日発売の週刊誌「女性自身」の中で、絵本が特集されています。

毎号、本の紹介をする“活字散歩”というコーナー。
普段は小説やエッセイなどの作家さんを取り上げることが多いページなのだそうですが今回は絵本♪…ということで、その特集の一部で私も紹介していただきました。
同じ誌面には「給食番長」でおなじみの よしながこうたくさんや「colobockle」の たちもとみちこさんも登場。お2人とも同世代の作家さんですが、まだまだキャリアの浅い私にとって憧れの先輩方。なんとも背筋が伸びる思いです。

取材をして下さったライターさんによれば、今回絵本の特集を組むきっかけになった方が、先月亡くなられた絵本作家の佐野洋子さんだったそうです。「100万回生きたねこ」や「おぼえていろよおおきな木」など数々の名作を残して下さいました。
先日開かれたお別れの会では、佐野洋子さんが今の新しい世代の絵本作家に与えた影響の大きさについても話題になったそうで、記事の冒頭でもその事が紹介されています。

私も佐野洋子さんの絵本を読んで育った1人です。
きっと何らかの形でたくさん影響を受けているんだろうなぁ…と、この記事を読んで改めて思いました。