2011/04/04

コマヤスカンさんの絵本

今、この時に出会えて良かった…と思う絵本を紹介します。


「新幹線のたび 〜はやぶさ・のぞみ・さくらで日本縦断〜」
コマヤスカン(講談社)


コマヤスカンさんの先月出版されたばかりの新刊です。
新青森〜鹿児島中央までの新幹線の旅を、ダイナミックな山々から細かい町並みまで丁寧に描き込まれた絵で楽しめる大パノラマ絵本です。

昨年12月に東北新幹線が青森まで開通。そして今年…九州新幹線が鹿児島まで開通する3月12日までになんとしてでも完成させることを目指し、1年半近く前からコツコツと作り続けていた絵本だそうです。

本当だったら今頃は、1つに繋がったばかりの日本列島縦断の旅を「現実の世界」でも「絵本の中の世界」でも、一緒に楽しめるはずでした。

でも今回の東日本大震災によって、現在は「この絵本の中だけでしかできない旅」となってしまいました。

絵本の中には被災地のかつての美しい風景が描かれ、ニュースで毎日のように耳にする地名が沢山並んでいます。
津波によって姿を消してしまった海岸線沿いの街並も描かれています。

もう当分(場所によっては2度と)同じ景色を観る事ができないと思うと、本当に心が痛みますが…でもだからこそ、元気だった日本の姿をこんなにステキな絵本の形で残してくれたコマヤスカンさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

この絵本を開けば誰もがみんな3月11日までの日本を思い出すことができるし、1日でも早くこの頃みたいに戻れるよう頑張ろう!って強く思うはず。

「いつかまたこの絵本と同じ新幹線の旅を楽しめる日が来るよ!だからその日が来るまでは、この絵本の中で旅を楽しもうよ!」……そんな元気な気持ちにさせてくれる素晴らしい絵本です。
ぜひみなさんも手にしてみて下さい。きっと元気が出ます。