2011/04/30

キャベツの装幀のこと

今日はキャベツの装幀について紹介します。

まずは表紙の絵です。
カバー全体&前と後ろの見返しにもつながる「広大なキャベツ畑」を描くことにしました。

なので、全体のラフは非常に長細いのです。
A3のコピー用紙を貼り合わせていくつかラフを描いたら、天井から吊るして全体の様子をそっと伺います。
↑うまいこと描けたラフにチェブラーシカをくっつけて祝う、の図


そしてようやく本描きです。大きいから下書きも時間がかかり……

絵の具も塗りがいがあります。塗っても塗ってもキャベツ〜!

やっと完成!表紙部分はカラー、見返し部分はモノクロです。

それから大事なタイトル文字も描きます。これもモノクロです。

これらの原画が全部そろったら、いよいよデザイナーさんにバトンタッチです。
なんとなんと「まないた~」「なべ~」の時にもステキなデザインをして下さった羽島一希さんです!
今回も物語をさらに盛り上げるような楽しくておもしろいデザインにして下さいました!
ありがとうございます!

特にステキなポイントをいくつか紹介します♪
まずは表紙。モノクロで描いたタイトル文字はこ~んな明るい色になって、センターにどーんと登場しました。

文字のほんの一部がアオムシの下に入り込んでいるのが特にステキなポイント。



「ただの白い四角じゃなくて、キャベツの穴にしちゃいましょう」という羽島一希さんのアイデアで、裏表紙のバーコードも穴の中に入れました。
カバーをとると、向こう側が見えるのもステキポイント。

それから、見返しのかわいさったらありません。
原画では、こんなモノクロの世界だったのに…
こんなに楽しいキャベツ畑の色になって登場!紙もキャベツ色です!

見返しの打ち合わせで、羽島一希さんから「キャベツを食べている“シャッキリムシャムシャの手書き文字”を用意して下さい」と言われました。

「一体どうなるのかしら?」とワクワクしながら書いた文字が…
こんな形で使用されました!ステキ!

このお話は「キャベツが食べたいチョウチョのお話」
…ということは、彼らがアオムシ時代に「どれだけキャベツを愛してやまなかったか」が重要なのです。
この手描きの文字を入れていただいたおかげで、さらにその部分が強調され、ストーリーを後押ししてくれることとなりました。

本文の文字も、また良いのです。
とっても味のある書体を選んでいただきました。見れば見るほど良いなぁ〜。
特に「な」の字が好きです。「チ」もかわいい♪

このステキ文字、今回もまた「写植」なのです。
1文字ずつ写植屋さんが丁寧に組んでくれた文字なんだなぁ…と思うと、なんだかデジタルにはない温かみを感じます。

最後に…
奥付にもストーリーにまつわるちょっとした秘密が隠されているのですが、それは絵本を手にした方のお楽しみなので詳細は書かないでおきます。これもまたデザインの段階で新たに追加されたステキポイントなのでした。

奥付用に描いた絵がこちら…
3パターン提出して、真ん中が採用されました。