2011/05/24

「コックのぼうしはしっている」

もうすぐ発売される新しい絵本が完成し、本日できたてほやほやの見本が届きました。
コックさんシリーズ第3弾です。

「コックのぼうしはしっている」(講談社)
長い間ずーっと手元にあって毎日のように向き合っていた作品ですが、こうして仕上がって来るとやっぱり毎回なんだか新鮮です。


この絵本、本編の原画完成〆切が3月14日。
ほとんどのページを描き終え、いよいよ最後の仕上げ……の直前で東日本大震災が発生。

相次ぐ余震や、当日深夜までの停電、何よりも刻々と深刻な被害が分かってくるなかで「果たして今は絵を描いている場合なのだろうか?」と不安に思いながらのラスト3日間…。
きっと一生忘れない思い出です。

だからこのように絵本の形にできた事、本当に感謝です。
ずっと二人三脚で一緒に作り上げてきた担当の編集者さん、ありがとうございました。
装幀を手がけて下さったデザイナーさん、写植屋さん、印刷屋さん、製版屋さん、製本屋さんなど関わって下さった全ての方にも感謝の気持ちでいっぱいです。
紙やインキのありがたみも今回の震災で本当に実感しました。

こうして出来たこの絵本が、たくさんの子供たちが笑顔になるきっかけとなればいいなぁ…と思います。

また詳しいことは少しずつ紹介していきます。
一体、表紙のコックはどうしちゃったんでしょうかね?