2011/06/02

121年目のはじめの一歩

前にコチラのステキなきっかけで出会えた山陽堂書店さん。
明治時代から120年間続くアットホームな青山の小さな本屋さんです。

その山陽堂書店さんから「2回目の還暦も迎えた今、気持ちも新たにギャラリーのある本屋さんとして生まれ変わります!」…というワクワクするようなお知らせをいただきました。

121年目のはじめの一歩、「ギャラリー山陽堂」のはじまり、はじまり…。
今日はそのプレオープニングパーティーに友人とお邪魔してきました。

いつもの壁画を進むと……

ヒャー!ビックリ!いつものお店が大変身していました!

「ギャラリー山陽堂」…記念すべき最初の展覧会はな〜んと「未来ちゃん展」!
あまりのかわいさに、すっかり心を鷲掴みにされたあの川島小鳥さんの写真集です。

4月にパルコで開かれた「未来ちゃん展」は、ステキすぎて2回も観に行きました!

そんな未来ちゃんに、また会える!

いつもの手描きの貼り紙がお店の壁にペタリ★やっぱりこの温かい感じが良いなぁ…。


会場はお祝いにかけつけた大勢のお客さんと、いつも優しいお店のみなさんの笑顔でいっぱいです。
2F〜3Fのピカピカのギャラリースペースは、よ〜く見ると懐かしいレンガの部分が顔をのぞかせていて以前のお店の面影もしっかり残っています。

この展覧会のために川島小鳥さんが現像された25点の「未来ちゃん」が会場のみんなの心を鷲掴みにしていました(*^_^*)

嬉しいことに今回は、写真集「未来ちゃん」の制作の舞台裏まで見る事までできちゃいます。
装幀デザインを手がけた祖父江慎さんの熱いこだわりが、校正紙を通して直筆で読めます!必見です!
あんなに丁寧に細部までこだわって作られていたとは……。誰もが夢中になるのも納得です。

パーティーをさらに盛り上げていたステキなものたちを紹介します。
まずは、こんなかわいいキレイな色のフルーツの飲み物がズラリ……。

どれも果実がゴロゴロ入っていて、好きな味を選んでソーダで割っていただきました。
私はパインを、友人はイチゴを…。どちらもおいしかったです!

そして、沢山並んだめちゃめちゃかわいい形のクラッカー!

こーんなカラフルなディップを自由にのせていただきます★

これはなんと「未来ちゃん」の顔〜!
あの、時折見せる気難しい顔バージョンかなぁ?

これにカラフルディップをのっけると、こうなります!
ビーツのディップでほっぺがピンクに……。ステキ!

友人は髪の毛をカボチャ味にしたのでこーんな感じに…。
どことなくハワイの人っぽい…。

かわいいだけではなく、味も最高においしくて思わずおかわりです。
今度はどれにしようかなぁ……。1番右は山陽堂書店さんのロゴマークです!

これに決めました。
とぼけた顔とヒョロついた足がとんでもなくかわいいトリです。


今度は3色に挑戦……。友人はカエルを選んでいました。

ムシャリ、ムシャリ……。おいしい〜!(とても優しい味です)

この大盛り上がりな世界は小桧山聡子さんという方が繰り広げる「山フーズ」によるステキなおもてなしでした。
公式サイトにお邪魔したら、とんでもなく面白くてかわいい動画が!
何やらすごい世界をお持ちの方のようです、小桧山さん。ごちそうさまでした!!

そんなこんなで、本当に楽しかったです。
改めまして山陽堂書店さん、121年目の第一歩おめでとうございます!

「未来ちゃん」(ナナロク社)の出版展は、たっぷり3週間…6月25日まで開催中です。
周辺エリアのギャラリーめぐりの際にはぜひぜひ「ギャラリー山陽堂」にも…♪

7月からの第2弾の展覧会は安西水丸さんを予定されているそうで、これまた楽しみです。