2011/07/23

スペシャル対談

新宿の朝日カルチャーセンターへ、小野明さんと広松由希子さんの絵本の対談を聴きに行きました。

対談のテーマはたった1つ「今年の4~6月に出版された絵本」
…ということで、小野さん、広松さんがそれぞれ持ち寄った絵本を交互に紹介していきます。
ジャンルを問わず国内の新刊絵本も翻訳絵本も復刊絵本も次々と登場。

1冊ずつ「ここが良い!」「このページは何回読んでも好きだなぁ〜」なんて、お2人が純粋に感じたことを次々と言葉にしていきます。

読んだ事のない絵本は読んでみたくなり、読んだ事のあるものでも改めて再発見たっぷり!

な、なんと自分の絵本の新しい一面まで知る事ができました。作った本人なのに気付いてなかった!

最初から最後まで「絵本はこうあるべき!!」なーんて難しい話は一切ありませんでしたが、楽しいおしゃべりからこぼれ出た何気ない一言に、「良い絵本づくりのヒント」もたくさん散りばめられていた気がします。いっぱいキャッチできてるといいなぁ。

途中でステキな口笛の音色も聴こえてきて最高に楽しい対談でした。
「くちぶえ教室」がお隣で開催されていたのです。
最近、本格的に口笛を学びたい人が増えて来ているそうです(!)

よし、きっとこれも何かのヒントになるはず……。