2011/08/31

フェリシモ「@Bookport」

こちらは、フェリシモの「@ブックポートクラブ」の会員誌「@Bookport」です。
毎号、「本」にまつわる情報がたっぷり…。 

その中の1つに「本に携わる日々 〜出版社リレーエッセイ〜」という連載があります。

本の世界に携わっている色々な出版社の編集者さんがリレー形式で「普段どのように本作りのお仕事をしているか…」を、そっと教えてくれる楽しいコーナーです。

そして8月号(206号)には、いつも一緒に絵本を作っている講談社のTさんが登場〜。
嬉しいことに「コックシリーズ」の絵本作りについて紹介して下さいました。
わ〜い、Tさん楽しく紹介していただきありがとうございます★ 


いつだって「作品を面白くしよう!」をテーマに、打ち合わせでは意見を出し合っては笑いつつ…そして時にはビシッとダメ出しをしてもらいつつ…、とにかくいつもお世話になっているTさん。 これからもどうぞよろしくお願いします。

…ということで、フェリシモ「@ブックポートクラブ」会員の方がいらっしゃいましたらぜひじっくり読んでみて下さい♪

2011/08/27

初ワークショップ&サイン会

千葉県・市川市のニッケコルトンプラザ「絵本パラダイス」でのワークショップ&サイン会が無事に終わりました!
何もかも初めてだらけで非常に緊張してしまい、終始アワアワしてしまいましたが、迎えて下さったお客さんの笑顔のおかげで楽しく進めることができました。ありがとうございます!


当日の様子をたっぷりご紹介します♪

会場のコルトンプラザホール。
窓には今回のイベントのメインキャラクター
『こびとづかん』の「ホトケアカバネ」が飛んでいます。

中に入ると絵本がズラリとジャンルごとに沢山並んでいます。

原画コーナーにはコックさんシリーズの原画を2枚ほど展示。初公開!

そしてたくさん集まってくれた子供たちを前に…
いよいよワークショップ「まないたに料理を食べさせる?」開始です!

まずは絵本『まないたにりょうりをあげないこと』の読み聞かせ。

普段は引きこもってひっそり絵を描く生活に加え、人前に出るのは得意ではないので
終始緊張しっぱなしでしたが、最後までしっかり聞いてもらえて嬉しかったです!

読み終わったら、先ほどから背後にあるあやしげな黒い布を取ります。

2011/08/26

2周年&名刺

デビューから丸2年が経ちました。
やっと少し慣れてきた気がします。
「前回はこうだったから、今回は…」と考えながら制作を進められるようになりました。
振り返る部分が増えていくのは嬉しい事です。(といってもまだちょっとずつ…)

たくさんの人に感謝の2周年です。どうもありがとうございます。

ちょうど名刺がなくなりそうだったので「新しく作ろう!」と、デビューの時にもお世話になった「中村活字」さんへ…。
昔ながらの活版印刷を続けている老舗の印刷屋さんです。公式サイトはコチラ

まだ絵本の勉強をしていた頃、すでに絵の仕事を始めていた友人に「ここのお店の名刺がオススメだよ」と教えてもらいました。
活版印刷の味わい深い文字を見て「ちゃんとした名刺って、こんなに良いものなんだなぁ…」と感動!

「私もいつか絵本の仕事をする日が来たら、このお店で名刺を作ろう!」と心に決め、デビュー直前に緊張しながら名刺を作りに行った思い出のお店です。

その時に作っていただいたステキな名刺はこの2年間、色々な場で大活躍。
特に、不安もいっぱいだった最初の頃はなんだかお守りみたいでした。

さて、今回新しく完成したのがこちらの名刺です。


中村活字さん、またまたステキにありがとうございました。
文字の美しさはもちろんのこと…
今回は左上にこんな「まないた」のエンボスマークも入れてもらいました。

1枚1枚、職人さんの手作業の温もりが伝わって来ます。
この名刺が、またこれからも良い人と人との出会いにつながりますように。
文字のレイアウト&デザインをしてくれたKさんにも感謝!
今回、初めて「絵本作家」の肩書きも入れました。ドキドキ…。

そんなこんなで3年目、スタートです。
これからも頑張りますのでどうぞよろしくお願いします。

2011/08/22

歩きました

打ち合わせの後注文していた名刺を受取り、友人と合流して銀座散歩をしました。

「にゃらんカフェ」で
絵本に出て来るようなこんなドリンクを飲み…

「ギンザ・グラフィック・ギャラリー」で
グルーヴィジョンズ展を観て…

「月光荘」でお買い物&お茶を飲み…

「ソニービル」でウツボを観て…

「だしカフェ」で、だしの取り方を学んで…

最後に「東京きのこ」の、ケーキも食べました。

だしカフェにあったCD「だしの取りかた」が気になる帰り道…。

2011/08/20

ピクトさん

「日本ピクトさん学会」から何やら届きました。

開けてみると、ギャース!ピクトさんのてぬぐいだ!!!!

「日本ピクトさん学会」とは、こちらの「ピクトさんの本」
……の作者、内海慶一さんが立ち上げた学会です。

この本は、道路や駅や工事現場やデパートや…とにかく世界中の様々な場所で活躍する「ピクトさん」の勇姿を大量に収めた研究本。(詳しくはコチラ

私は数年前にヴィレッジヴァンガードでこの「ピクトさんの本」を購入し、あまりにも可哀想で健気なピクトさんワールドに大笑いしたのですが…

昨年、同じ作者さんの本とは全く知らずに手にしたのがコチラの本。

もう暗記するくらい何度も読んでる愛読書「100均フリーダム」です。(詳しくはコチラ

最近も、突然「猿寿司」のくだりを読みたくなり本棚から引っ張り出したが最後!
結局最初から最後まで読んでしまいました。

お気に入りのフレーズ
「下からシャリ、ネタ、猿である」

そんなこんなで、内海さん…ステキなステキな夏だよりをありがとうございました。
ちなみに同封されていたお手紙もしっかり100均グッズに書かれていて、さすがです。

てぬぐいは、広げるとピクトさんがさらに倍増〜。
いっぱい転倒してます!
しかも何がすごいって、あのてぬぐい専門店「かまわぬ」とのコラボだそうです!
すごいなぁ、ピクトさん…ついにここまで!

2011/08/19

雨です

「今日は打ち合わせかな〜?」とひそかに心の準備をしてたら、朝「来週にしましょう〜」と編集者さんから連絡が来ました。
そうこうしているうちに豪雨&8月とは思えない肌寒さ到来…、さらには大きめの地震もあり電車のダイヤも少々乱れていたようで、編集者さんの判断は正しかったのでした。

そんなこんなで本日は家でのんびり「読書の日」とします。

まずは昨日買った「MOE」の9月号。
巻頭大特集「コクリコ坂から」は、まだ作品を観ていないので読まないで大事にとっておくとします。
ちなみに去年の9月号「借りぐらしのアリエッティ」特集もずっと読まないでとっておき、最近になってようやくDVDで観てからじっくり楽しく読みました。

藤城清治さんのインタビューは、アトリエの写真に大コーフン!
下絵が壁一面に飾られていて、完成していくにつれ1枚ずつ選挙で当選が決まった時のように立派なお花をつけているのです。これは楽しそう!

それから安野光雅さんを愛する人たちの特集もステキ。
そして加藤久仁生さんの連載はいつもクセになる不思議ワールドで、毎回読んだ直後すぐにもう1度読み返してしまいます。

次に…ステキな作品集「愛ある世界」
パレットの同期で、切り紙作家の中村あいさんによる初の作品集です。

折り紙を折りたたんで、ハサミ1本で切って行く手法で作られた「切り紙」が100点以上!
なんと最新の2011年の作品から…初期のものは1990年の作品まで!

ひゃ〜!20年以上にわたってずっと作品を生み出し続けるってすごい!
しかも着実にどんどんパワーアップしていました。作り続けるってこういう事なんだなぁ…。

今までに切った作品の数がとにかく多いので、掲載作品を選ぶのも大変だったそうです。
あいちゃん本当におめでとう!&お疲れさまでした!

表紙のパンダシリーズと、それからケーキをテーマに切ったページも好き。
今後もますます楽しみな作家さんです。

そして次はクルテクの故郷…チェコの絵本です。

高校時代の後輩が新婚旅行でチェコに行き(いいなぁ〜!)現地の本屋さんで買ってきてくれました。嬉しいな〜!ページをめくると異国の香り!

ヨゼフ・ラダとイジー・トゥルンカです。どちらも初めてちゃんと読みました。

ヨゼフ・ラダの白目っぷりが嬉しかったです。こんなにも「白目な絵」を描く作家さんだったなんて!と勝手に感激していました★
そしてイジー・トゥルンカって人形作品だけじゃなくてこんな様子のおかしな(良い意味で)絵も描いていたんだ!

この、ちょっと意地悪そうなネコ&陽気な少年&ヤギがそれぞれお気に入りのページ。
言葉は分からなくても絵だけでかなり楽しめました。NN、ありがとう〜!!


次は、以前もご紹介した太田多門さんの新刊コミック「ヒーローマン」4巻目。
ジャンルは全然違うけどデビュー前からの良きライバル作家さんです。

主人公ジョーイが戦いを重ね、1巻の頃とはまるで別人のようにたくましくなっとります!
料理の腕もめきめきとあがっている模様…。

本誌「少年ガンガン」での連載もついにクライマックスを迎えるようで、長かった月刊誌の初連載もいよいよゴール間近!?
大事な大事なラストスパート頑張って下さい!応援してます!

ラストは友人イラストレーターの小川かなこさんにもらった…
「飛ぶ教室」夏の号。
今年度の「飛ぶ教室」の表紙をかなこちゃんが担当しているのです!
今回、春の号に続いて夏の号もステキな絵です。
秋も冬もどんな絵になるのか楽しみだなぁ…。

今回は45篇もの短編集がぎゅっとつまってます。なんて贅沢な〜。掲載順に読まずに、パラパラと気になるお話を選んで1篇ずつ読んでいくのが好きです。

2011/08/18

お部屋探し

元同僚の絵描きさんが1人暮らしスタートに向けお部屋探しをすることになり、物件探しツアーにひょっこり参加させてもらいました。(今日で2度目の参加)

前回に続いて、やっぱり何よりも1番に優先したいのは「ゆっくり落ち着いて絵が描ける部屋」とのこと。そんな条件に合ったステキなお部屋を見つけるために、この日は気合いを入れて4つの物件を回りました。

部屋探しをしたことのない私は、不動産屋巡りも物件見学も新鮮で何やら楽しかったです。
Hさん、どうか良い部屋が見つかりますように!

画像は物件探しの道中で見つけた貼り紙。
生の大きな魚……って一体どれくらい大きかったんだろう。
これほどお怒りなのですから相当大きかったんだろうなぁ…。

2011/08/15

絶対に作れない色

「今日は大きい絵を描くぞー!」の日。午前中に下書きが全部完成。かなり順調です。
さて次は絵の具塗るぞー!と準備してたらアワワワ、恐ろしいことが発覚。

白の絵の具が残りわずか!

やっちまいました…。他の色だったら気合いで混ぜて作るけど、どう頑張っても無理です。

前にも〆切間際にやらかして反省したのに学習能力がないな……。(消耗品の在庫チェックは怠るべからず)

あまりの暑さにすぐ買いに行く気力がなく、日中は諦めて別の仕事に変更。
夕方、涼しくなってから電車に乗って「世界堂」に行きました。←近所に欲しいお店の1つ。

今後のため「予備」の「予備」まで購入して制作再開!

ベース完成。たまには大きいサイズの絵も楽しいものです。

2011/08/13

絵本の話

書店員さんのお誘いで、絵本作家さんと編集者さんのみなさんと新宿で飲みました。
絵本を作る人、絵本の編集をする人、絵本を売る人…
それぞれの立場の方たちによる熱くて濃い「絵本の話」が沢山聞けて楽しかったです。
満月っぽいのが出てました。

酔っぱらっても忘れないようにと、よく飲みながら大事そうな言葉はメモをするのですが、大抵あとで見てもなんのことか分からないことが多いです。
今回もちょっぴりそんな感じでした。でも大変楽しかったのでよしとします。

フンコロガシの絵も描いてありました。
でもこれはちゃんと覚えてて、ステキな話です。

2011/08/11

「声のアトリエ」見学


先月、絵本の朗読&紹介をしていただいたFMヨコハマの番組「ザ・ブリーズ」。
番組スタッフさんからお誘いいただき、スタジオの見学に行きました。

ランドマークタワーの中にあるスタジオは、船の操縦室をイメージしているそうで入り口のドア窓もまんまる。眺めも良くて何やらかっこよかったです。

大きなガラスの向こうにはメインパーソナリティーの北島美穂さん(ドキドキ!)、そして操縦席(?)にはスタッフのみなさん。
生放送の緊張感にドキドキしつつ、楽しく見学させていただきました。

メインで見せていただいた絵本のコーナー『声のアトリエ』ではワクワク感もアップ!

今週は語り手&絵本コーディネーターのこがようこさんの新作絵本『あたし おねえちゃんなの』(クレヨンハウス)が紹介されていました。

こちらはスウェーデンの絵本作家スティーナ・ヴィルセンさんとのコラボ絵本だそうです。
こがさんご本人による朗読は、あったかい内容と優しいこがさんの声がピッタリ!
間もなく発売とのことで本屋さんで会えるのが楽しみです。

スタッフのWさん…お忙しい中、色々と案内していただきましてありがとうございました~♪

2011/08/09

マルモはマルモでも…

久しぶりに、パレット友の絵本作家さぶさちえさんに会いに行きました。
おいしいお昼をごちそうになってサブちゃんの子と汗だくで遊んで楽しいひととき!

そして夕方から渋谷にて、もう1人のパレット友とこれまた久しぶりに再会!


すっかり世間では「マルモといえばサダヲ」になっちゃいましたが、こっちのマルモの誕生の方がずっと先なのであります。
マルモに続く新作人形の写真も見せてもらいました。ファンにはたまらない!今回小道具も大変凝っていました★

そして途中のタワレコでタッツァンのCD&うちわもゲット!
6年ぶりのアルバムは初回特典が大変なことになっています。アワワワワ〜!!

2011/08/08

「よみがえれ!子どもの笑顔・元気展』チャリティーオークション

絵本作家コマヤスカンさんより、開催中のチャリティーオークションのお知らせをいただきましたのでコチラでもご紹介させていただきます。


「よみがえれ!子どもの笑顔・元気展』チャリティーオークション


日本を代表する絵本作家さんたち25名が描いた全101点の原画が出品されています。

「売上」は経費(額装代、郵送代等)を除いて全額、被災地の復興のための「子どもの笑顔・元気プロジェクト」に寄贈。

今回出品された原画の展覧会&イベントが宮城県の塩竃と仙台で開かれ、どちらの会場も沢山の子どもたちの笑顔と元気で溢れていたそうです。

荒井良二さんのポスターの絵も、本当にいい笑顔。
1人でも多くの方たちにこんな笑顔が戻りますように……。

2011/08/03

休業&休講

残念なニュースをネットで見つけました。

世界一のレストラン休業 スペインで“最後の晩餐”
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110731/erp11073113160005-n1.htm

行ったこともない異国のレストランですが、スペインの「エル・ブジ(エル・ブリ)」っていう『世界で1番予約がとれないレストラン』と言われていたお店です。


さて、私の「コックさんシリーズ絵本の資料」といえば……

・シェフの専門雑誌(コック好きにはたまらない内容!)


・ジェイミーの本&DVD(シェフ界のアイドルです)


・雑誌から集めたコック関連切り抜きファイル(大量に!)

そしてきわめつけが、こちらの大好きな写真集です。

「エル・ブリの一日 アイデア 創作メソッド 創造性の秘密」
フェラン・アドリア(ファイドン・プレス社)


そうなのです……。
まさに先程「休業のニュース」に登場した世界一のレストランの写真集……(涙)

全528ページ、重量3kg以上…と、まるで百科事典のような代物です。
さっきのシェフ雑誌1冊分の厚さと比べてもこの通り!

どうしてこんなボリュームかといえば朝6:05~深夜2:00まで、このレストランの1日をなんとなんと「5分刻み」で撮影→紹介しているからです。

料理長の朝の目覚めから、従業員の出勤、ミーティングに、予約の確認に、下ごしらえに、食器磨きに、いよいよ開店、大忙しの厨房!そして閉店後の後片付け…。
とにかくレストランの舞台裏のステキな様子にずっと見てても飽きません。

好きなページはいつでも見られるようにふせん付き♪


今回、料理長フェラン・アドリアさんが話す休業の理由が「長時間労働を続けてきて疲労困憊した」だそうですが、この写真集を見ていると納得です…。

だって5時間で1500品!厨房はいつだって日々戦いなのです。
ゆっくり休んでまたパワーアップしてまた料理の世界に戻って来てくれますように…!


そしてもう1つ。やっぱり残念な休講のお知らせ。

母校「パレットクラブスクール」の今期の休講が決定しました。詳しくはコチラ

長引く震災の影響によるもので当初は春→秋に日程をずらして開講の予定でしたが、状況を見て今期は休講とする事が正式に決まったそうです。
授業の開始を待っていた生徒さんたちの事を思うととても残念ですが、また来年の開講を楽しみにしています。

先月の築地場外市場での大火災、パレット仲間から緊急メールが来て慌ててニュースを見たら現場が築地4丁目!
パレットの住所も同じ4丁目で、あの辺は建物が密集しているから非常に心配でしたが、火元からは少し離れていたため無事だったそうです(;_;)