2012/01/12

「オニじゃないよおにぎりだよ」あそび方

「オニじゃないよおにぎりだよ」は読んだ後も楽しめる絵本となっています。
今回はそんな、あそび方とやらをご紹介。

ステップ1
前に1人で何やらチョキチョキやっていた例のアレが、このステップ1です。


まずは画像右サイド、カバーの前そでにご注目。
何かといえば「のり」です。

そして画像左サイドの後ろそで。
「おにぎり」です。

まずは「のり」を切り取ります。
下のイラストで、オニたちはハサミをつかってますが
実際はカッターの方が良いです。

同様に「おにぎり」も切り取ります。
こちらもハサミよりカッターの方が良いです。

次に「のり」を2つに折ります。

最後に、こうして巻きます。
おにぎり完成!

テープなどで「のり」を前だけしっかりくっつければ…
こんな風に立てられます。

小箱に詰め込んで隣近所にお裾分けしてもよし。

あいつらもお持ちでしたら、こうして
「おにぎりがたべたいのです」ごっこをしてもよし。

マスキングテープを使ってお宅の壁に彩りを添えてもよし。

全部で15個のおにぎり……どうぞご自由にお使い下さい。


ステップ2
さっきもお見せしましたが、後ろの見返しには…真っ白なおにぎりたち。
このページを自由に使って……

色鉛筆で描いてみてもよし。

ペンで描いてみてもよし。


マスキングテープを貼ってみてもよし。

全部で70個の真っ白なおにぎり……ぜひぜひ色々描いてみて下さい。


ステップ3
表紙を作ってる時に1番盛り上がったあそびのポイントでもあります。

当時、こんな感じでミニチュア版にて試作してました。

さて、このおにぎりにぽっかりあいた穴。
何のあそびに使うかといえば……

まずはカバーの表紙と裏表紙のおにぎりの…
「のり」の部分を、うまいこと切り抜きます。
(どちらか片方でも良いです)

こうなります。

そしたら向こう側から顔を出してみます。
はい、おにぎりになれました。

ご覧の通り…
人間でも、動物でも、どなたでも簡単に「おにぎり」になれますよ。
(同時に2名様まで可)


散々カバーをザクザクと切り刻んで大丈夫なのかい?と思った大人のみなさま。
うまいことやれば、こうしてカバーの機能は失われませんので安心です。
※ 余計なところは切らないのがポイント。

子供も大人も、どうかおもいっきり遊んでくださいね♪