2012/03/15

原画展2日目です

昨日に引き続き「くいしんぼう絵本 原画展」の
見どころをご紹介します。

今日は個人的に とっても心ときめいた
「様子のおかしなポイント」をご紹介したいと思います。

展示のレイアウトは全てアセンスさんのみなさまが
手がけて下さったので100%おまかせ状態。

なので本人も会場に着いてみてビックリ!の連続でした。

例えば入り口のウェルカムボード(?)

「チョウチョの顔」が堂々と貼り付けられてますが
見て下さい、この表情。

最初にお客様をお出迎えする入り口で
まさかの不機嫌オーラ全開です!(笑)

この不穏な空気は会場内にも漂っています。

大事なお店紹介ポスターの両サイドにご注目。

 ARDOUR(アーダ)さんのコンセプトは…

“絵本からはじまるすてきな暮らし”

一冊の本との出会いを
みなさまとつなげていく書店 [ ARDOUR(アーダ) ]
暮らしの工夫から知恵を育み子どもたちへ

ここからひろがる好奇心が 笑顔をひとつ ふやします。

ところがです。

「笑顔をひとつ」どころか「眉間にシワがふたつも」です。

ちょっとドキドキしつつ、どんどん続いてご紹介。


さて「チョウチョの顔」は
他でもとんでもない使われ方をされとりました。

エ……、ナンデスカ?コレハ?

確かに私の絵だと思うのですが…
でも全く見覚えのない物体。

キャベツから巨大なチョウチョの顔が生えてます。

カタツムリ的なものと考えれば良いのでしょうか?
勝手に心の中で「キャベツムリ」と命名。
群馬県あたりのゆるキャラにピッタリな気がします。

巨大といえば…
非常口案内のピクトさんの横では
巨大なエビが宙を舞っていました。

巨大なエビは別の場所でも勢いよく舞っています。
よく見るとチョウチョが1匹、慌てて必死に飛んでます。
どうしてそんなに慌てているのか…。
会場に行けば分かります。



それから「避難器具設置室」の扉には
そーっと おにぎり ついてます…

天井付近にも そーっと しいたけ 生えてます…

壁の下のとこからは
そーっと オニのツノも 生えてます…

これらはまだほんの一部です。

八百屋のおじさんが
天井で逆さ吊りになってるのを
目にした時の衝撃といったらありません!

みなさん探して驚いて、それからたくさん笑って下さいね♪
本日も夜20時まで開催中です。

コチラの ARDOUR(アーダ)さんの公式ブログでも
会場の様子を紹介して下さっています。
ぜひぜひ遊びに行ってみて下さい。

明日に続く