2014/04/22

nowaki絵本ワークショップ

「いくらなんでもいくらくん」を一緒に作った、絵本編集者の筒井大介さんが
京都で絵本のワークショップを開いていて
この春、第2期の募集がはじまったそうです。

その名も「nowaki絵本ワークショップ」!!


絵本の制作時も、筒井さんとのやりとりは面白くて、
それから何やら終始フリーダムな空気が漂っていました。

最初の打ち合わせの時の思い出を振り返ってみたら
最初からやっぱり…。→2年前のブログ

だけど愉快に雑談していたはずが、気付けば
ラフはワクワクするようなアイデアメモで
どんどん真っ赤に染まり…

いつの間にかストーリーの肝も決まっていました。

一体どういったカラクリなのか今でも謎ですが
筒井さんが何気なくつぶやいた言葉で
いくらくんの世界がどれほど広がったか…。

完成後に最初のラフと比べて見たら、その差は歴然でした。

そんな筒井さんによる絵本のワークショップは
きっとすごくすごく面白いんだろうなあ…。

募集期間は5/31まで。詳細はコチラのページにて
関西方面の絵本作家を目指すみなさん、お見逃しなく…♪