2014/10/31

出ました!

「カッパもやっぱりキュウリでしょ?」昨日無事に発売日を迎えました!

これが私にとって9冊目の絵本です。
たまたまなのですがキュウリのお話ということで『キュウ』つながりとなりました。

編集を担当して下さったTさん、長い道のりでしたが本当にありがとうございました!

去年の秋に、どうにもこうにも話がまとまらず迷走してしまい
とんでもなくひどいラフを持って行ったら
Tさんが「う〜〜〜〜〜〜〜〜ん」と言ったっきり目を閉じ、
しばし沈黙してしまった時のことは今でも忘れられません(汗)

あの時は本気で「やべぇ」と思いました。

そのせいかどうか分かりませんが
 今回、カッパの第一声は「やべぇ」です。

そんな状態でも「焦らないでじっくり頑張りましょう!」と
次のラフを待っていて下さったおかげで
ようやく最後まで作ることが出来ました。
感謝の気持ちでいっぱいです!本当に本当にありがとうございました。

こちらの遊び心満載の帯もTさん作です。

表紙のカラーは最後までどうしても自分では決められず
カッパの絵とタイトル文字だけを描き
あとは全て羽島一希さんにデザインしていただきました。
カッパのグリーンが映える、まぶしいイエローに感激です。

見返しの色もすごく気に入ってます。

本編も内容に合わせて丁寧にデザインして下さりありがとうございました。

印刷もとても順調で、カッパの全身は最初から完璧で色の直しナシ!
仕上がりもすごくキレイに刷っていただきました。
印刷会社さんにも感謝です!

そんなこんなで沢山の方々のおかげで完成したカッパの絵本…
ぜひみなさまでお楽しみいただましたら嬉しいです♪

もう1つ嬉しいことに、新刊発売に合わせて
ジュンク堂の大宮高島屋店さんが
「カッパもやっぱりキュウリでしょ?」原画展を企画して下さいました。

こちらは11月末からの予定です。
またのちほどコチラのブログでも詳細をお知らせさせていただきますね。

ーーおまけーー
かっぱえびせんを食べて げんかつぎ……。

2014/10/22

イラストレーション/no.204

発売されたばかりの「イラストレーション」12月号です。

巻頭特集の
「イラストレーター、クリエイターの仕事ぶり図鑑」のページに
載せていただきました。

普段の仕事についてやデビューのきっかけなどについて話しました。
他の方々の仕事ぶりにドキドキです。特にタイムスケジュール!

イラストレーションといえば、
今年の夏に、とうとう我が家の本棚から本が盛大に溢れ出し…
バックナンバー(旧バージョン)が全て外に放り出され…
現在「イラストレーションタワー」が3つも出来上がっとります。

でもこの方が本棚にギュウギュウに詰め込んでた時より
手に取って読む機会が増えたので良しとします。
(特に古いチョイスのページを眺めるのが好きです。
 すごい方々の初期の絵がいっぱい!)

そしていよいよ『カッパもやっぱりキュウリでしょ?』の
発売日も近付いてきました。

只今刊行に向けてキュウリをかじりながら色々と準備中です。

先日、こーんなシールを編集者さんがいっぱい作ってくれました~。
カッパ&キュウリ♪ありがとうございます!

そのシールをペタリと貼ってもらったミニ色紙に
せっせと絵を描いとります。書店さん向けのメッセージです。

(1つ1つ微妙に顔が違います)

「よろしく…おねがい…しま…す…ゲホッゲホッ」の顔です。

…ということで、約1年ぶりの新刊絵本は
30日から徐々に書店さんに並ぶ予定です。

どうぞよろしくおねがいします。


ーー おまけ ーー

いつもお世話になっている書泉グランデさんのフェアにいくらくんが〜!



ヒャー!かわいいPOPもありがとうございます!
嬉しいです(*><*)/

ちなみに、毎年恒例の【書泉百選】というタイトルのフェアで
書店員さんが選んだおすすめの本がズラリと並んでいるそうです。
11月3日まで…♪

2014/10/02

発売まで1ヶ月切りました

今日も「カッパもやっぱりキュウリでしょ?」の色校正でした。


先日に続き、再校もさらに良い色で出していただき有り難いです。
(なんと初校の段階からカッパの緑色の修正は一切ナシです!)

気になっていた色もグッと原画に近づき

キュウリにいたっては原画よりもみずみずしくおいしそうな色に…。

色校正も残すところあと1回!
発売日は10月30日の予定です。どうぞよろしくお願いします。

カッパの表紙もひと足先に
出版社さんのフェイスブックにて公開されました。

表紙と一緒に載ってるのは、こーんな愉快な絵本にまつわるイラストです。

4人の絵本作家さんたちによるリレー方式のおえかきしりとり絵本!

これがかなりの面白さで、読み終わると絶対に
自分でもやってみたくなります。

ちょうど表紙の締め切り直前だったのですが、
試しに描きだしたら楽しくて筆が止まらず……。

とにかくとんでもなくステキな絵本でした。